『叱らない育児』は要注意 間違ったしつけ9選

叱らない育児 子育て

親である以上、しつけを間違えることは避けられません。
子供が悪いことをしたときに、あなたは冷静さを失ったり、怒鳴ったり、もっとうまくできたはずだと思うことはありませんか?
私も子供に対して冷静さを欠くことがあります。このようなよくある失敗を修正する方法があります。

子どもが何かをしでかしたときに、自分が違う反応をしている姿を思い浮かべてください。この記事を理解することで、子供が悪い行動をしたときに、あなたの反応を変えるきっかけになり心の余裕ができます。
自分を責めることはしないでくださいください。このようなしつけの間違いはよくあることです。ほとんどの親は一度や二度はこれらの間違いを経験していることは忘れないでください。

よくある失敗例

子供がミスをしたときのアドバイスを思い出してみてください。あなたが成長するために失敗例から学びましょう。

できること

・問題について丁寧に、しっかりと問題を話し合う

・叱る前に自分を落ち着かせる

・明確で一貫性のある結果を伝える

・間違った行動について、短く明確に伝え

・どうすればもっと良くなるかを話し合う

・しつけとは、良い行動を教えることだと考える

・日頃から良い手本となる

・それぞれの子供に合った方法を見つける

・明確なルールと結果を伝える

やってはいけないこと

・子供を怒鳴ったり、けなしたりする

・怒った勢いでしつけをする

・一貫性がなく、その時々でしか実行しない

・長く詳しい説明をする

・行動を正す方法ではなく、何が悪かったのかにのみ焦点を当てる

・しつけを、悪い行動を罰することだと考える

・あなた自身が自分の子供に課しているルールを破る

・すべての子供に同じしつけ方をする

・ルールや結果を設定していない

あなたが子供を尊敬していない

親は子供に自分を尊敬するように求めますが、尊敬は双方向であるべきだということを忘れてしまうことがあります。子供を叱るときに親がしがちな間違いの一つは、怒鳴ったり、厳しい口調で怒ったり、子供を侮辱したりすることです。尊敬の念を与えること、そして尊敬の念を返してもらうことは、子どもをしつける際の重要なポイントのひとつです。

対処方法

同僚や親戚などの大人と対立しているときに、自分がどのように話しかけられたいかを考えてみてください。子供の目の高さに合わせて、優しく、毅然とした態度で、敬意を持って問題を話し合いましょう。どんなに怒っていても、冷静さを失わないことが重要。

怒っているときのしつけ

飲酒運転や、怒らせてしまった相手に冷静になる前に激しいメールを書くなど、絶対に一緒にしてはいけないことがあります。怒っているときに子どもを叱るのも、絶対にやってはいけないことのひとつです。

子供が何かしでかしたことに腹を立てているときに子供を叱ると、本心ではないことを叫んだり言ったりする可能性が高くなります。

対処方法

対処方法:子供の悪い行動について話す前に、数分(必要であればそれ以上)かけて気持ちを落ち着かせ、考えをまとめる。あなた自身も含めて、子供をその場から距離を置きます。(例:散歩をする)このように、自分自身と子どもに反省する時間を与えることで、お互いに落ち着いて状況に対処することができます。

一貫性がない

子供が部屋を掃除しないことをあなたが叱っても、あなたがリビングを何日も部屋が散らかっていても無視します。そしてまた、子供に部屋をきれいにしないことを叱ります。

これでは、子供は一貫性のないメッセージを受け取ってしまいます。子供が悪い行いを直すための最良の方法のひとつは、何を期待されているかを明確に指示することです。

対処方法

子供にシンプルにわかりやすい指示を伝えて、現実的な期待値を示してあげましょう。例えば、毎週、部屋の掃除をさせたいなら、カレンダーに印をつけて、その日を「部屋の掃除の日」にしてみると良いでしょう。良い行動をするようにきっかけを作りましょう。守らなかった場合は、一貫したペナルティを与えます。同じことをしても、ペナルティの程度が違うのはよくありません。常に一貫性を持ってルールを保ちましょう。

話し過ぎたり、説明し過ぎてしまう

子供の不適切な行動について、長々と詳細な説明をするのはよくありません。子供は、例え注意力がついてきた小学生であっても、あまりにも細かい話をされると、すぐにわからなくなってしまいます。

対処方法

子供にとって基本的なことを、シンプルに分けて説明しましょう。年長の子供には、何が悪かったのか話し、より良い選択ができたかもしれないシナリオを話します。年少の子どもには、何が悪かったのか、なぜ悪かったのかを簡単に説明します。

否定的になる

誰でも、「やめなさい」「ダメ」の連続を聞くのは楽しいことではありません。子供がすべきことを強調するのではなく、子どもが間違ったことやしてはいけないことに焦点を当ててしまうと、物事を否定的にとらえてしまいます。

対策方法

もっと良い方法があるのではないかと、前向きに考えてみましょう。子供が泣き言を言ったり、口答えをしたりしている場合には、より親切で優しい話し方をしましょう。

例:双方の怒りが冷めた後は、自分の気持ちを上手に伝えるために、お互いに優しく話すゲームのような感覚でやってみましょう。子供が兄弟と喧嘩している場合は、一緒に物事に取り組むなど、良い兄弟関係を築くための方法を提案しましょう。

しつけは罰を与えることだと思っている

しつけとは、子供が罰を受ける必要がないように、しっかりとしたルールと制限を与えることだと、親は忘れてしまいます。しつけとは、子供が自分に何が求められているかを知るために、境界線と期待値を設定することです。一番の目的は、子供たちが罰を与えられないように、子供が最終的に自分を律することを学ぶことです。

対策方法

しつけについて改めて考えてください。子供をしつけるということは、子供に良い選択をする方法を示し、最終的に子供のためになるポジティブな行動を選ぶことです。

罰を与えるのではなく、学ぶことを重視した愛情のこもった建設的な方法で、子供が悪い間違った選択をしそうな時は、あなたがポジティブに処理する方法を示すことです。いつか自分の子供が悪い行動をした時にどのように接するか想像しておきましょう。

あなた自身が子供に説教したことを実践していない

子供に「嘘をついてはいけない」と言いながら、学校のボランティア委員会への参加や職場の会議への出席など、自分がやりたくないことから逃れるために日常的に嘘をついている。あなたは子供に怒鳴りつけながら、お互いにうまく話すようにと怒るように言っていませんか。

問題は、自分自身の行動に気づかず、子供たちがあなたのすべての動きを見て、あなたをお手本にして行動する方法を学んでいることを忘れてしまうことです。

対策方法

子供に良い行動のお手本となるように努力をしましょう。もし自分のルールを破ってしまったら、その時の状況と理由を子供に説明しましょう。また、どうすればもっとうまく対処できたか、次はどうすればいいかを話し合ってください。

子供に合わせたしつけをしない

子供のしつけについては、すべての人に合うということはありません。子供の兄弟や友達の子供にはうまくいったことでも、その子には間違った方法かもしれません。子供の行動を正したり指導したりするために、特定の方法を繰り返し使おうとしても、個々の子供にとっては最善の方法ではないかもしれません。

対策方法

子供も大人と同じように、それぞれの個性や気質、癖があることを忘れないでください。ある子は他の子よりも頑固だったり、自分の思い通りにならなかったり、そのような場合には、それぞれの子どもに合ったしつけ方をするために、さまざまな方法を試してみましょう。

例えば、ある子は一般的な注意を数回すれば集中出来るようになるかもしれませんが、別の子は表やスケジュールを作成して、しっかりと監視しなければならないかもしれません。

子供のしつけを全くしない

子供をしつけなければならない多くの重要な理由の中には、明確な制限と指導を受けて育った子供は、自制心のある、幸せで楽しい人間になる可能性が高いという事実があります。
しつけられていない子供の場合、その影響は明らかであり、ほとんどの場合、非常に壊滅的です。

制限や結果を与えられず、甘やかされて育った子供は、わがままで、自制心がなく、一緒にいると不快な思いをすることがあります。

対策方法

子供が本来の行動をとらない場合に、子供のルールと制限を与え、やるべきことをやらなかったときにはシンプルな内容で一貫した結果を与える。しつけをすると子どもが怒るのではないかと心配している方は、客観的な視点に立って考えてみてください。しつけをしないことは、子供のためになりません。愛情を持って、しっかりと指導していれば、子供は失敗から学び、成長していきます。

タイトルとURLをコピーしました